アートメイクの効果が出やすい人と出にくい人

鏡アートメイクは基本的には刺青と同じ技術を用いるため、色が入りやすい人と入りにくい人の二つのタイプに分かれることになります。そのために施術前には自分がどちらのタイプに属するのかをしっかりとチェックしておくと良いでしょう。アートメイクが入りにくい人の特徴としてまず挙げられるのが、非常に出血をしやすいという場合です。あまり出血をしてしまうと、せっかくアートメイクで色を入れようとしているのにその色を血液が流しとってしまうからです。どのような形が出血をしやすいかと言うと、一つの特徴としては皮膚が薄い方が挙げられます。またアートメイクを入れたい場所によって出血がしやすい場所というものもありますので、自分がどこにあるメイクを施したいのかという点を超えるに入れた上で、考えると良いでしょう

さらにアートメイクの成功を大きく左右するのは、自宅で行うケアです。自宅で行うべき事柄はシンプルに言うと保湿です。アートメイクを施すことによって顔はある程度のダメージを受けます。そのダメージを回復するために皮膚は水分を必要とするのです。アートメイクを施術した後ではたっぷりと軟膏を塗ってもらうことがありますが、少なくとも3日から5日はそのような状態をキープすることが良いでしょう。そのためあまりで歩くような用事が重なっているような時期にはアートメイクは一旦保留した方が良いかもしれません。

デザインをチェックしよう