デザインをチェックしよう

アートメイクさらにアートメイクを行う際にチェックしたいこととして、自分の理想とする状態まで、何度手術が必要になるかと言った目安です。施術そのものは1時間から2時間で終わりますが、 基本的にアートメイクでは皮膚の薄い部分に施術を行うため一回では色素が定着しないという特徴があります。 そのためある程度の間隔をあけて複数回アートメイクの施術を行う必要があるのです。 そこで自分の目指す状態をしっかりとカウンセリングの段階で伝え、その状態になるまでにどれぐらいの時間と費用を要するのかをしっかりと確認しておくことが必要です。

さらにカウンセリングの段階ではそのデザインも注意深く検討することにしましょう。アートメイクは確かに便利な施術ですが、メイクの流行りは年々変わっていく傾向にあります。また髪型に応じてメイクを変えたいというときもあるでしょう。そのように柔軟に対応することはできる範囲内でのアートメイクを施すのか、それとも基本的にはそのメイクは買えないというつもりで施すのかで、入れる色合いや濃さというものも変わってきます。こうした点をカウンセリングで十分に聞いてくれる医療機関を探すと、信頼のおける技術の下でアートメイクを行うことができるでしょう。

アートメイクの効果が出やすい人と出にくい人

鏡アートメイクは基本的には刺青と同じ技術を用いるため、色が入りやすい人と入りにくい人の二つのタイプに分かれることになります。そのために施術前には自分がどちらのタイプに属するのかをしっかりとチェックしておくと良いでしょう。アートメイクが入りにくい人の特徴としてまず挙げられるのが、非常に出血をしやすいという場合です。あまり出血をしてしまうと、せっかくアートメイクで色を入れようとしているのにその色を血液が流しとってしまうからです。どのような形が出血をしやすいかと言うと、一つの特徴としては皮膚が薄い方が挙げられます。またアートメイクを入れたい場所によって出血がしやすい場所というものもありますので、自分がどこにあるメイクを施したいのかという点を超えるに入れた上で、考えると良いでしょう

さらにアートメイクの成功を大きく左右するのは、自宅で行うケアです。自宅で行うべき事柄はシンプルに言うと保湿です。アートメイクを施すことによって顔はある程度のダメージを受けます。そのダメージを回復するために皮膚は水分を必要とするのです。アートメイクを施術した後ではたっぷりと軟膏を塗ってもらうことがありますが、少なくとも3日から5日はそのような状態をキープすることが良いでしょう。そのためあまりで歩くような用事が重なっているような時期にはアートメイクは一旦保留した方が良いかもしれません。

デザインをチェックしよう

技術の確かな医療機関で、色合いを確認しよう

アートメイクを施す際にまずチェックしたいことは、色合いです。せっかくアートメイクを施しても自分の思うような色にならなければ、今度はその色になるようにアートメイクを補正しなければならないということにもなりかねません。そのような状態ですとせっかくアートメイクをしたのに化粧のための時間の短縮にもならず、余計に多くのストレスと時間がかかってしまうことでしょう。

医師またアートメイクを施す際には必ず価格ではなく、経験豊富な医療機関を選ぶことにしましょう。価格ではほかのサロンの方が安く行えることもあるかもしれませんが、アートメイクは専門的な技術を必要とする施術です。しっかりとした医療機関で行うほうがいい色合いも自分の思い通りなものになる可能性が高く、3に技術的にも安定しているため失敗するということは少なくなるでしょう。甘い経験のない人がアートメイクを施術することになると、アートメイクはさまざまな色を重ね合わせるため、その色合いの調整がうまくできず、最悪の場合はメイクを重ねても隠せないということにもなりかねません。とはいえ手術する人の技術を素人が判断するのは難しいため、一つの基準として色抜きをすることはできるかという点も確認しておくと良いでしょう。なぜなら色抜きができる技術は一定の水準を満たしていないと難しいからです。

アートメイクの効果が出やすい人と出にくい人

アートメイクを受けてみよう!

汗を拭く女性であれば化粧は毎日のようにするものです。しかしながら夏の暑い時期などは、メイク直しをしにくくせっかく長い時間をかけてメイクが終わったのに、あっという間に汗で流れてしまうということもあるでしょう。冬の寒い時期にみんなで温泉などに行くと、すっぴんにならざるを得ず、抵抗を覚える方もいるかもしれません。そのような方に注目されているのがアートメイクという技術です。アートメイクとは刺青と同じ手法を用い、皮膚に色を入れて化粧していない状態でもメイクをしているように見せることができる技術です。刺青とはいってもいわゆる本当の刺青と比べて肌の表皮に色を付けていきますので、半永久的にその色が持続するということはありません。数年に一度はアートメイクをし直す必要があるほど、その色が落ちやすいのが特徴です。そのため少しずつアートメイクを施しながらより自然な仕上がりを目指すという方も多くおられます。

アートメイクを行うと毎日のメイクの時間がかなり短縮することができ、有意義なことに時間を使うことができるようになるでしょう。お隣の国韓国では日本とは比べ物にならないほど多くの人が手軽にアートメイクを行っています。それによって毎日のメイクという煩わしさから解放されたと感じる方も多くおられます。しかしながらそれほどアートメイクが一般的に浸透していない日本において、アートメイクの施術を行うことは勇気のいることかもしれません。そこでアートメイクを行う際にチェックすべき数々の事柄をご紹介します。

技術の確かな医療機関で、色合いを確認しよう